読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

摂食障害・体験談と完治に向けて…頑張っている途中

摂食障害(拒食、過食、過食嘔吐、チューイング)になって11年目。夢遊病になったり…アルコール依存になったり…精神病に支配されて11年目に突入しました。最近は少しだけ摂食障害とうまく付き合っていく事を覚えました。まだ戦っている途中ですが、一緒に戦っている方達に出会えれば良いなあと思います★

過食嘔吐が快感になり癖になりました

過食嘔吐とは…

 
名前の通り、一定ラインの量を超えたものを大量に食べ、太りたくない気持ちから、自ら口に指を突っ込んで嘔吐をします。
吐く事によって食べたものをなかったことにしようとします。
 

 

チューイング行為が過食嘔吐に移行

過食衝動をチューイングをする事によって、太らずに食欲を満たしていると思い込んでいましたが2か月ほどで私は過食嘔吐に移行してしまいました。
 
チューイングをしている間は、どんなに食べても罪悪感がなかったので徐々に食べる量が増えてしまい、その後過食嘔吐に移行してしまったので、過去に過食症になった頃よりも食べ物の量は数倍になっていました。
 

食べたくて吐くのか吐きたくて食べるのか

徐々に過食衝動が進むと、嘔吐は毎日日課のようにやっていました。
食べたい気持ちが我慢できずに食べてしまったから吐くのか、吐きたい衝動にかられて吐きたいから大量のものを食べるのか、どっちが先か分からなくなっていました。
 
吐きやすいものを探し、吐きやすい食べる順番や組み合わせなども回数を重ねると分かっていき、自分の中で色々なルールが出来ていきました。
 
そのルールに従って食べて、すんなりと吐けるとそれが快感になっていきました。
 

吐く事が快感

胃が痛くなって破裂しそうなくらいの量を食べて、トイレで吐くと、さっきまで痛かった胃がスーッと軽くなっていきました。
それがとっても気持ち良くて、吐く事が快感になり、吐きたい気持ちが抑えきれなくなっていきました。
 
吐く事に依存してしまったと思います。
私のストレス発散になり、精神安定剤のような役目もしていました。
 

チューブを使って吐くように

私が過食嘔吐に移行したこの時期にはもうスマホも普及して、色々な事を調べられる時代になっていました。
私は過食嘔吐を辞める方法よりも、どうしたら楽に吐けるのか、すべてのものを吐けるのかばかり調べていました。
そしたらチューブで吐く方法がでてきました。
私は早速試してみましたが、この方法にいきついた事は後悔しているので詳しくは書きません。
楽に吐けるようになってからはさらに食べる量は増え、大量に食べてはトイレで吐いて、第2ラウンドに入ってまた食べて食べて吐いていました。
 

増えていく体重

過食嘔吐を始めてから一気に体重は増えました。
吐いているはずなのにきっと全部は吐けていなかったんだと思います。
そして太っている自分では外へ出たくないのでまた引きこもり生活を始めました。
引きこもると時間があるので、過食嘔吐がゆっくりできる時間が確保されます。
なので、更に過食嘔吐に費やす時間が増え、それに伴い食べる量も増えました。
 

溶けていく歯

まず異変を感じたのは歯です。
胃酸で溶けるんですよね。
歯医者には定期的に通っていて歯のクリーニングもきちんとしていたのですが、突然虫歯が出来て、歯茎が痩せていきグラグラになっている歯が出てきてしまいました。
元々潔癖症な私にとって、虫歯は本当に汚くて大嫌いだったので、本当にショックでした。
笑顔になった時も歯が痩せてしまっているのがよく分かります。
 
そしたら過食嘔吐を辞めれば良いのですが、辞める事は出来ませんでした。
ですが歯の事は気になるので、私は週1で歯医者に通うようになりました。
 

手の甲に吐きダコ

毎日吐いていたので、手の甲に大きな吐きダコが出来てしまいました。
元々、手のケアも念入りにしていた私にとって吐きダコが出来た事も衝撃的でとってもショックな事でした。
手がとっても汚く見えるのです。
そして摂食障害の方から見るとすぐに私が過食嘔吐しているのはバレるでしょう。
私も、カフェなどに行って吐きダコが出来ている人を見かけると「この人も摂食障害なんだ~」と思ってしまいます。
 

約9年ぶりに病院に

始めて過食症になった頃に、数え切れないくらい何件も精神内科に行きました。
ですがどこへ行っても通う気にはなれず、不快な思いをする事が多かったので、それ以来私は1件も病院には行っていませんでした。
何十件も行って良い先生に出会えないなら、期待しても無駄だと思っていました。
 
病院に行く気になったきっかけは、歯の異常と吐きダコでした。
過食嘔吐は辞めたくなかったけど、どうしても歯と吐きダコだけは受け入れられなかったので、摂食障害専門の病院に行く事にしました。
 
私は低血糖症」と診断されました。
摂食障害心の病気ではなく、体の病気だとうたっているお医者さんでした。
 
確かに私は低血糖症なんだと思います。数値でそう出ていました。
摂食障害で悩まれている方の中には、体の病気で摂食障害を引き起こしている方もいらっしゃると思います。
 
ですが、私の場合は心の病気です。自分で自覚しています。
 
結局その病院では、低血糖症を治したら摂食障害が治ると言われたので、サプリを処方されました。
保険はきかないので、実費で30万ほどです。
ですが私は治りませんでした。
 

過食嘔吐は心まで蝕んで止まらない

経験したことない方には理解できないと思いますが、自分の意志では全くコントロールが出来ません。
そして食べても吐けば良いので食べる量は増え続けます。
 
よく食べすぎた女子が「過食症かも~」と言っているのを見かけますが、正直私はその光景がムカつきます。
過食症かも~と言えるレベルはただの食べ過ぎです。
過食症ってそんな甘いものじゃないよ!!って思ってしまいます。
 
本当に自分ではコントロール出来なくて食べる量も異常なんです。
きっと理解はできません。
家族でもどんなに身近な人でも経験した事ない人には絶対理解は出来ないと思っています。
 
そのような心が、また人との関わりを遮断していってしまうんだと思います。
 
拒食時代を知っている友達は太った私を見て「そのくらいがちょうどいいよ!」「前は病的だったもん」「今が健康的でいいよ!」「ぜんぜん太ってないよ!」などと言ってきます。
 
その言葉すべて私は大嫌いです。
 
ちょうど良い体型は嫌なんです。人より痩せていないと嫌なんです。
前の病的だった体型が良いんです。
健康的な見た目はいらないんです。
ぜんぜん太ってないって事は痩せてもいないって事?普通って事?普通は嫌なんです。痩せてないと嫌なんです。
 
友達が悪気なく言った言葉がすべてマイナスに聞こえてしまい、友達と会うもの嫌になりました。
 

結婚という転機

そんな中、私はずっとセックスレスだった同棲している彼氏と入籍しました。
結婚してもうすぐ2年になりますが、セックスレスは継続中です。
私の心が満たされる事もありません。
 
環境はガラッと変わりましたが、過食嘔吐が治まる事はなく、結婚生活に今はストレスを抱えています。
子供も産みたくありません。
 
結果、いつまで経っても満たされない心は変わりません。
どんなに痩せても、結婚しても心は満たされないのです。
 
私のゆがんだ結婚観については、また書きたいと思います。
 

今も過食嘔吐は続いていますが完治を目指しています

過食嘔吐をし出してから数年経ちましたが、今も過食嘔吐は続いています。
ですが頻度はすごく減りました。
前は毎日1日に何時間も過食嘔吐していましたが、今は週に1~2回になりました。
全く過食せずに1週間が過ぎる事もあります。
 
そのきっかけになったのは素敵なカウンセラーさんに出会えた事です。
またそのことについては詳しく書きます。
 
まだまだ完治とまでは言えないですが、今の私は心が病んで過食嘔吐しているというよりも、“癖”です。
過食嘔吐という癖からまだ抜け出せずにいます。
以前は自分を認める事がとても苦手だったのですが、今は過食嘔吐の回数が減った自分をホメてあげよう!と意識しています。
まだまだ意識しないと気持ちはネガティブ方向にいってしまいますが…
 
体重も気にしてますし、痩せたい気持ちはありますが、数字に依存する生活は抜け出せたと思います。
 
人と関わることも前より出来るようになり、友達も増えました。
とても生きやすくなりました。
 
摂食障害になって11年経ってやっと前を向いていこうという気持ちにもなれたので、このブログを始めました。
 
まだまだ完治といえるまでは、時間がかかると思います。
数年かかるかもしれないし、また突然拒食症過食症になってしまうかもしれません。正直怖いです。
 
今も摂食脳は持っていますが、以前よりはとってもましになったと思います。
なので今、どん底にいる方も諦めないでください。
きっと抜け出せます。私もまだ完全には抜け出していないので、抜け出せると信じたいです。